2019年04月30日

カオスな世界

KIMG0012.JPG



立ち入らない・・・




スマホに変えて一週間

使い方は一日いじって、おおかたマスターし、Googleのアカウント取得も、必要なアプリのインストールも、メールも電話も全て滞りなく出来るようになった

そもそもスマホに機種変した最大の理由は、某勉強会の日程がガラケーからではアクセスできなかったためで・・・

スマホに変えて、そのサイトも無事見られたし、もう一つの懸案だった家賃のネット振り込み手続きも完了した

これまでずっと無料だった家賃の振り込み手数料が、昨年の夏から、いきなり432円になり、大家さんに口座を変えて欲しいと嘆願した結果、別の銀行になったんだけど・・・

それでも毎月108円取られるのがバカらしくて、手数料0円のネット振込みに切り替えることにしたのだ

そしてYouTubeもTwitterも再び見られるようになったけど・・・

Seesaaブログにログインしても、 マリウスの詩2 の編集ページが何処にも見当たらず、なにそれっ?!

ダメじゃん!! ( ̄ヘ ̄メ)

おまけにスマホいじった後は、やけに疲れるのだ

操作に慣れないとかいう問題じゃなく、自分の生命エネルギー自体を吸い取られてるって感じなのだ

ガラケーでならシンプルに見られたページが、スマホだとやたら広告が入って非常にウザい上に、無料アプリだ、ポイントプレゼンだと、お得感を煽ってアクセスさせようとするやり方が凄まじく・・・

うっかり足を踏み入れると、あっという間に時間が経ち、心身共に消耗する疲労感がハンパない

まるでミヒャエル・エンデのモモに出てくる灰色の男たちに、まんまと時間を奪われたような気分になるのだ

よく電車内や町中で歩きながらスマホゲームやSNSに夢中な人を見かけるけど、よく疲れないなぁと不思議に思う

というわけで、自分はLINEは勿論、FacebookもTwitterもスマホで再開する気には到底なれず・・・

必要な時以外、Wi-FiもGPSもOFFにして、スマホは自宅に放置することにした

GPS切ると紛失した時探せないって表示でたけど、

持ち歩かないんだから、無くす心配も無用かと・・・(笑)




マリウス
posted by マリウス at 08:37| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

Brand New

KIMG0004.JPG





How excited !







諸事情により、8年使ってた携帯を、ついにスマホに機種変することとなりました

操作に悪戦苦闘必至な予感
・・・

まずは、機種変直後の初更新、無事出来ましたらご喝采(笑)




マリウス
posted by マリウス at 17:08| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

桜雲

TS3S4494.jpg




爛漫の

雲と見紛う

桜かな





週末、畑に行ってきた

赤目口から塾へ向かう道中、こちらは今が満開の桜と菜の花が広がる田園風景を楽しみながら、
ツバメが飛び交う姿に思わず微笑み…

あぁ、春爛漫だなぁ…と幸せな気分で畑に到着したら…

ん?

…えっ?!

うわぁぁぁぁ!!!

しばらく鳴りを潜めていたイノシシ様が…

キターーー\(◎◇◎)/

先月植えたジャガイモを、見事にピンポイントでボコり、ニンジンの取りこぼしを残らず攫うように、畝を掘り返していき、タマネギも一部なぎ倒し…

うーん…久々に地代を徴収しに来られましたか…
(-.-;)

それでも、ニンジンは殆ど収穫した後だったし、ジャガイモも5個しか植えていなかったので、自分の畑の被害は少なくて済んだけど…

実習畑も他の人の畑も、ジャガイモは全て残らずかっさらわれたらしい

おまけに実習田のすぐ上の田んぼは、かなり派手にボコられ、もぅイノちゃん、やりたい放題!


先月、はす向かいの畑を借り、たくさんジャガイモを植えていた人も、早々と洗礼を受けてガックリきていたのが気の毒で…

私はこれで7度目だけど、柵を直せば、ちゃんと収穫できるから大丈夫ですよと励まし…

そんなわけで、今月の共同作業は、獣除けの柵が老朽化で倒れた場所を、取り外し、作り直す作業となった

下の田から椎茸畑へ向かう急斜面に作られた柵に、以前から倒れかけていた場所があり、イノシシ様はそこから侵入したらしい

笹の生い茂った急斜面は足場が悪く、トタンを外して杭を打ち直し、再びトタンと網を張る作業は、けっこう難儀だったけれど…

倒れた柵をどうにか立て直し、補強し終えることができた

なにぶん広いので、また何処かが破られる可能性はあり、破られたら直すというイタチごっこの繰り返しだけれど…

赤目で作物を育てるからには、それも覚悟と腹をくくるっきゃない

はす向かいの畑の人は、気を取り直し、今度は里芋を植えていた

たくさん種芋を用意したので、私にもどうぞと、言ってくれたけど…

イノシシ様に真っ先に狙われる里芋に、再度チャレンジする気には、さすがになれなくて…(苦笑)

ご好意に感謝しつつ、今回は遠慮いたしました

(´▽`;)





マリウス
posted by マリウス at 17:24| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

一期一会

TS3S4491.jpg




しるもしらぬも

あふさかのせき






新宿の京王デパートで春の北海道展が始まった

けれど、昨年出会って、大ファンになった札幌の洋菓子店は出店しておらず…

あの極上繊細、上品な味わいを楽しみにしていただけに、とても残念に思う

小規模な洋菓子店が、宣伝のために東京まで出向くには、それなりの経費もかかるし、赤字覚悟のリスクを承知の上で来ることは、そう何度もできないのかもしれない

知人が札幌に行くと聞けば、それなら是非[ミセスニューヨーク]という洋菓子店のキャラメルフロマージュをお土産にと薦め、後日たいそう喜ばれた

職場のスイーツ好きの先輩にも差し入れたら、私同様ファンになり…

思わず人に薦めたくなるくらい、お気に入りのものに出会えるというのは、滅多にあることではないので…

あれ以来、東京で味わうことはないけれど、一期一会の妙を感じずにはいられない





マリウス
posted by マリウス at 11:24| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

還暦

TS3S4493.jpg




いきてひと

めぐりて道(タオ)の

ゆくあらた






おかげさまで、人生ひと巡りいたしました

昭和で30年、平成で30年、あとは令和を30年、元気に過ごしてください…

と、弟からお祝いメッセージをもらい…(笑)

今んとこ、血管年齢-15歳、体内年齢は36歳だそうなんで…


まっ、いけるかな…


(´∇`)





マリウス
posted by マリウス at 16:10| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

知止不殆

TS3S4487.jpg




止まるを知る

これ、危うからず






一昨日、赤目の臨時共同作業に参加してきた

週間予報が二転三転し、最終的には晴れになったので、よしっ!と喜んだのも束の間…

早朝の赤目口駅に降りると、東の空は雲間から陽が差してるんだけど、山沿いに低い雲が流れ、あたかも龍神様が移動しているような様子

お天気、ちょっとヤバいかも…という予感は的中し、

自分の畑の作業をしている間は、なんとか持ったお天気も、
共同作業が始まると同時に小雨が降ったり止んだりし始め、しだいに雨足が強くなってきた

今回の共同作業は、小川に降りて道具等の泥を落とす時、登り降りし易いように石段を作る作業

川から砂利や石をすくい、大きな石を移動し、石積みしていくんだけど…

雨具を着ても、激しい雨や、時に雹までパラつく中での作業は困難で、やむなく中断して火を炊き、暖を取って、冷えた身体を温めたり、濡れた服を乾かし、雨が止むと作業再開の繰り返し

それでも15時頃、ようやく晴れ間がのぞき、お天道様の、なんと有り難いことか…!

太陽に照らされて、皆、濡れた雨具から湯気が立ち上る中、ラストスパートで石段を無事完成させることができた

土木作業はハードで、翌日くたばること必至だったので、日・月と仕事を休みにしてたんだけど…

翌日は晴れと聞き、帰る予定を変更し、以前、田植えが終わらなかった時、急遽泊まったことのある、名張駅前のビジネスホテルに一泊することにした

前回、食べずに心残りだったホテルの朝ご飯をガッツリ食べ…

(牛すじカレーと、具だくさんで優しい味の名張牛汁が、メチャ美味しかったです♪)

翌朝、良く晴れた農作業日和の午前中、新しく借りた畑の草刈りをようやく終えて帰ってきた

自然に逆らわす、無理せず、止め時を知る…

また一つ、自然界から、教えられたような気がします
(´∇`)




マリウス
posted by マリウス at 09:51| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

春来たり

TS3S4484.jpg





春、来たり

いのち育む、恵み雨






週末の夜行バスに乗り、赤目塾に行ってきた

よく晴れた土曜日の早朝、霜の降りた田んぼ道を歩く息は白いけれど…

すでに春が訪れていることを、上空でさえずる雲雀が教えてくれる

塾に到着して、共同作業が始まるまでの間、畑の作物の成長を見ながら、草刈りや補いをしてお世話する時間が、とても楽しい

タマネギやニンニクの成長は順調で、先月はハゲだったニラも、新しい葉を出し始めている

翌日は雨の予報だったので、降る前に植えてしまおうと思い…

持参した、食べそびれて芽の出たジャガイモを、大根を収穫した後の畝に植えることにした

ところで…
今借りている畑の隣が暮れに空いたので、今年から、そこも一緒に借りて、畑を広げることにしたんだけど…

新しく借りた場所は、しばらく放置状態だったので、草ボウボウの上に、イノシシ様にボコられたままなので、草刈りして整える必要があり…

これが思いのほか手間取り、午前中、石積みの共同作業に参加した後、午後はパスして、作業の続きをしても結局終わらず…

来月種まきができるよう、半分だけ整え、残りは次回に回すことにした

土曜日は良い天気だったのに翌日は予報通り雨がパラつき、作物にとっては恵みの雨なんだけど、農作業にはちょっと向かないお天気

それでも塾を出る前に、大小様々、形も様々な人参をどっさり収穫して帰ってきた

たくさんの恵みに感謝しながら、いただきます
(´∇`)




マリウス
posted by マリウス at 18:39| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

カタカムナ

TS3S4473.jpg




マワリテメクル…





5日ほど前、一冊の本に出会った

名前だけは知っていたカタカムナ…

読み始めたら面白くて、まるで吸引されるように心が惹きつけられ、自分はかつて、これを使うことができたという確信まで抱いていることに気がついた

これもまた、奥の人の采配か…?

何かに誘われ、直感の赴くままにそこへ立ち、
機が熟し次の扉が開かれる…(笑)



マリウス
posted by マリウス at 16:30| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

春仕度

TS3S4331.jpg




畝を整える





週末、赤目塾に行ってきた

共同作業前の2時間半、自分の畑の草刈りをした後、玉ネギ、ニンニクに油粕と米糠を半々に混ぜた補いを施し、メンテナンス

ニラは冬の寒さには弱いようで、すっかり枯れてしまったけれど、春になればまた葉が伸びるので、周りの草を丁寧に刈っておいた

サヤエンドウは一旦成長を止めたまま、じっと暖かくなるのを待っている様子

ニンジンは間引きが甘かったようで、ちょっと成長が伸び悩み気味

葉が紅葉しているものもあるので、来月、大きめのものを収穫しようと思う

今月の共同作業は、途中で放棄されたままの田畑を整地し、畝立てし直す作業

枯れ草ボウボウの、だだっ広い場所を草刈りしていき、溝を作り直し、イノシシ様にボコられて凸凹になった畝を平らにならしてゆく作業に参加した

集まった20人ほどで作業していく中、枯れ草の間からカヤネズミの巣が見つかり、潜んでいた巣の主が姿を現した

しっぽのついた小柄なハムスターといった感じのカヤネズミを、生まれて初めて見た

みんなで『カワイイっ!』とキャーキャー言いながら追いかけ回すもんで、必死に逃げるカヤネズミは、いい迷惑だったと思う(苦笑)

草で繊細に編まれた丸い巣は、とても居心地良さげで、その芸術的な出来映えにビックリする

そんなカヤネズミも環境悪化で住処を追われ、絶滅の危機に瀕しているらしい

農薬も化学肥料も使わない赤目の田畑が、そんな小さな生き物たちの、僅かに残った安住の地なのかもしれないと思うと、なんだか複雑な思いがした…




マリウス
posted by マリウス at 17:02| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

奇襲

TS3S448300010001.jpg





風切る速さで…





仕事から帰って、いつものように雀っ子たちに餌をやろうと窓を開けたら、いきなり何かが目の前を横切り…

横切った先を見ると、チョウゲンボウが隣のマンションにへばりついている

チョウゲンボウはハヤブサ科の猛禽で、まさかこんな都心にいるとは思わなかったのでビックリ!

それで合点がいったことがある

数日前、いつも帰るとお出迎えしてくれる雀たちが現れず、変だな…と思ってベランダ側の窓を開けたらたら、小鳥の足と羽が散乱していてギョっとなった

黒い羽が落ちていたので、一瞬カラスの仕業かと思ったが…

幼鳥がいる子育ての時期ならいざ知らず、
カラスに捕まるようなヘマな鳥がいるだろうか?と、不審に思っていたので…

犯人(犯鳥?)が判明し、相手が猛禽では致し方あるまい

雀たちも警戒して、近所の垣根に潜んだまま出てこない

しばらくマンションの窓にへばりついていたチョウゲンボウ様も、諦めて去っていった

都会の真ん中で思いもかけず、自然界の生死をかけた攻防を垣間見た気がした





マリウス
posted by マリウス at 07:33| Comment(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする