2017年05月24日

行く先

TS3S3900.jpg






吹く風まかせ…







昨日は風が強く、火事でもあったのか、あちらこちらでサイレンの音を聞いた

初夏の日差しに、強い風が吹く季節になると、ふっと何かの記憶が感覚の片隅をよぎってゆくことがある

それは例えば、初めて訪れた場所なのに、何故か懐かしいと感じる感覚に似ている

風に運ばれ、一瞬甦るおぼろな感覚の記憶は、同様に一瞬で通り過ぎ、それが何だったのか知るよしもないけれど…

一つの場所に留まることなく、常に吹き抜けてゆく風のように、

自分の行く先は、いつも奥から吹いてくる[風]まかせだな…

ふと、そんなことを思ったりする




マリウス
posted by マリウス at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

種蒔き

TS3S4119.jpg





過不足なく

必要な手をかける






先週末、自分の畑に行ってきた

うぉぉぉ、草ぼうぼうやぁぁぁ(笑)

塾の協同作業も含め、今月は、草刈りに始まり草刈りに終わる2日間だった

最初は小さな花を咲かせる野草を刈ることに、ためらいを感じ、ちょっと可哀想とか思ったりしたんだけど…

根は残して刈るので、強いからまたすぐに伸びてくるわよ…と、塾生の先輩に言われ、

今、ここで刈っておかなければ、来月はもっとすごいことになるらしいことを知り、
結局、可哀想とか言ってられなくなり、容赦なく刈ることに…

自然農では基本、不耕起で、種を蒔く場所の周りだけ草を刈るんだけど、あまりに草が伸びると、種蒔きした場所が判らなくなりそうだったので、自分のところは、畑の畝全体を草刈りすることにした

畑の横を常に水が流れていることもあり、草を刈っていくと沢ガニがわらわら出てくる

他にもバッタやクモや毛虫やらが草の間から次々と現れ、あわてて逃げてゆく

せっかく住んでた住処を、荒らしてごめんよ〜
(´⌒`)

田畑を作るために、他の生き物たちを追いやり、住処を奪う…

人類が繰り返してきた歴史を、自分の小さな畑でプチ再現しちゃったような気分

まぁ、他にも住処になる場所はいっぱいあるので、許してね…(´∇`;)

日曜日は、草刈りして整えた畑に、枝豆の種蒔きをし、畑の周辺の草刈りもちょっとして帰ってきた


刈った草には、ヨモギとか、調べれば、食べられる野草がいっぱいあったんだけど…

そこまで余裕がなくて、結局刈った草は、畑の畝や周辺にバラまいて、土が乾かないようにするのに使っただけで終わり、ちょっともったいなかったなぁ…

自然に生えている豊富な野草を、利用することも学んでいきたいなぁと思った



マリウス
posted by マリウス at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

懸念

TS3S4116.jpg




粛々と、

密やかに…






いつも利用している渋谷区立図書館のサイトが、いきなり使えなくなった!

おそらく、ホームページがfacebookとリンクしたかなんかで、ガラケーからアクセスできなくなってしまったのだ

今まで、蔵書検索も予約も携帯からしていたので、それができなくなり、不便極まりない(-"-;)

世の中ますます、スマホ中心社会になっていくなぁ…

でも、スマホにする気はないけど…(笑)


それはさておき、
世間もマスコミも相変わらず、森友学園の件云々で騒いでるけど…
マスコミが何か騒いで取り上げている時は、大抵その陰で、隠して進めたい事柄があるからで…

共謀罪…?
それはまだ報道されてる

報道さえされていない、[主要農作物種子法廃止法案]が、こっそり衆議院を通過した

内部から、城を落とす、兵糧攻めの下地固めのように思え、空恐ろしい

この国は、多国籍企業に売り渡すつもりだろうか…?



マリウス
posted by マリウス at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

楽園

TS3S4113.jpg




そこで命を全うし

次の命の糧になる








先日、川口由一氏の自然農園を見学してきた

夜行バスで早朝、名古屋に到着後、近鉄で桜井まで行くのに鳥羽行きの急行に乗り、伊勢中川で乗り換える予定が…

うっかり寝過ごして伊勢市まで行ってしまい、慌てて特急で戻るハメに…

集合場所のJR桜井線巻向駅に集合時間ギリギリ間に合った

お天気も良かったせいか、見学会の参加者は80人ほどもいて、いつもの倍の人数だとか…

大所帯でゾロゾロと、川口さんの説明を聞きながら、農園を見て回った

そこは、虫や草花、たくさんの小さな生命が命の営みを繰り返す楽園のように見えた

自然農に切り替えて約40年経つ、草花にあふれ、ふかふかと柔らかい緑の絨毯のような田んぼの畝に足を伸ばして座り、話をされる川口さんの、なんともいえない穏やかで透明感のある姿が印象的だった

失敗を重ねながら、全てを天然自然の営みに任せ、その時々に必要な手助けを丁寧にしつつ、一つ一つの命と向き合う農業

人も自然の一部であり、自らも周りの環境も、決して損なわない自然農の在り方に、心の奥がさわさわとときめき、わくわくするような歓びと、深い共感を感じた

見学が終わり、各々弁当持参の昼食の後は、一年を通した田んぼの四季の様子をスライドで見せてもらい、赤目自然農塾や同様に自然農を実践するグループの紹介などがあった

見学会には在来の農業をしている年配の人も来ていて、話をする機会があった

川口さんの自然農は理想であるけれど、実際に経済的に自立して、それだけで食べていくのは難しいと、その人は言う

確かに、資本主義のシステムにすっかり組み込まれてしまっている今の日本に於いて、自然農による自給自足だけで食べていくのは、生易しいことではないかもしれないけれど…

全国から見学会に足を運び、自然農を学びに来る人が後を絶たないのは、

今の生活の在り方、生き方に、何かがおかしいと感じている人が増えているからのように思う

資本主義による経済優先、消費社会に身を置き、資源や環境を浪費し、食い潰すことに荷担していけば、いずれそのツケは自らに返ってくる


今、気づいた人々が徐々に、生き方の方向転換を始めている…

そんな気がする





マリウス
posted by マリウス at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

免疫力

TS3S4104.jpg




腸で、育まれる






来月の母の誕生日に、3月に友人と行った西伊豆のホテルへ二泊三日の旅行を計画している

ところが4日前、突然母からTELがあり、身体の具合が悪いので、今ならキャンセル料かからないから中止したいという

症状を聞いてみたら、熱はないが、突然、咳と鼻水が出だして頭が重いという

風邪ではなく、花粉症の症状のように感じたので、[ザ・ガード]という整腸剤を飲むように薦め、もう少し様子を見てから決めるよう話した

花粉症は身体の免疫力が落ちて突然、症状が出ることがある

免疫力を高めるには、まず腸内環境を整える必要がある

というわけで最近、飲み始めてお通じの状態が大変良好になった整腸剤を薦めてみたんだけど…

今日、母にTELしてみたら、先日とはうって変わった明るい声で、調子が良くなったとのこと

母曰わく、花粉症に胃腸薬が効くなんて驚いた…と

まぁ普通、そう思うよねぇ…


しかしながら、残念なことに花粉症の薬は、症状を抑えるだけで、根本的な原因の改善はしないので…

免疫力が落ちているのが原因なら、免疫力を高めればいいわけで…

そのためには腸内環境を整える必要があり、それに役立つものを摂取すればよいということになる

母に即効効果があったのには、ちょっと驚いたけど…(笑)

何はともあれ、旅行キャンセルせずに済みそうで、
良かったっす…(´∇`)



マリウス
posted by マリウス at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

発陳

TS3S4107.jpg




古いものを棄てる







毎朝、同じ時間に自宅を出ていると、日に日に夜明けの時間が早くなってゆくのが、よくわかる

ひと月ほど前、6:30頃やってきた雀たちが、今は5時には窓辺に集まり、チュンチュクひと騒ぎしながら餌を食べるので、
オフの朝も結局、早起きしてしまう(笑)

ソメイヨシノはだいぶ散ってしまったけれど、入れ替わるように八重桜が咲き始め、街路樹の銀杏が若葉を一斉に芽吹かせ、なんだか心もウキウキしてくる

川口由一氏の著書[妙なる畑に立ちて]を読んで、[中医学]というものがあるのを知った

中国の古い伝統的な医学で、季節の移り変わりに身体を合わせ、自然に添いながら生きてゆくという考えが基本になっている

中医学では、春の季節を[発陳]と呼び、肝臓の働きが活発になる季節としている

肝臓の働きを助け、冬の間に体内に溜まった老廃物を外に排出する為に、

油ものや肉類は控え目に、季節の旬の野菜と、水分をたくさん採るように心がけると良いらしい

穀物では、陰の気を含む小麦を使った食品を採ることで、陽の気が増してゆく季節に、気のバランスを取りやすくなる

また、陽が延びてゆくのに合わせて、早起きし、戸外に出て活動するのも身体のためには良しとされている

冬には冬の、春には春の、夏には夏の、秋には秋の過ごし方がある

冬は、まだ暗いうちに起きて仕事に行かなければならず、睡眠も足りていなかったので、
中医学的に見れば、季節に添った生活とは言えず、だいぶ身体に無理をさせていたことになる

夜明けが早くなり、ようやく生活が季節に合わせやすくなったとはいえ、これまで負荷をかけて体内に溜まった疲れや老廃物の浄化に忙しい 季節となりそうな模様…
(´▽`;)





マリウス
posted by マリウス at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

天然自然

TS3S4089.jpg



天と地と

巡る季節に

生かされている






今月も赤目自然農塾に行ってきた

今回は、土曜日の早朝、名古屋に到着する夜行バスに乗り、名古屋から近鉄で赤目口まで行くことに…

新幹線を利用するより安く行けるんだけど、夜行バスは、ちと身体にはハードなため、往路だけにする

早めに塾に着いて、真っ先に自分の畑を見に行ったら、先月、水はけを良くするために水路を掘り、掘った土を盛って作った土手に、野草が生え、土を覆い始めている

草が生えれば、土手が、雨や水の流れで崩れるのを防いでくれる

たった1ヶ月で新しい命が根付き、小さな花を咲かせる草々を、なんだか、とても愛おしく感じる

今月の共同作業では、水に流され、崩れて穴のあいた棚田の壁の補修を手伝った

穴を埋めるために、大小様々な石を小川に降りて、ひたすら集め、補修場所まで運ぶ力仕事

途中、降り出した強い雨に阻まれ、予定より早く作業が切り上げになったおかげで、山荘へ行く前にゆっくりお風呂に入れたのは嬉しかった♪

山荘周辺はもう蛙が鳴き始め、満開の桜や菜の花が美しい

日曜日の農業実習では稲の苗床を作り、種下ろしする作業を教わった

田んぼを借りていないので、今は見学だけだけど、そのうち稲作りもやってみたい

ところで…
塾に行く前日、F1(一代限りしか結実しない)でない種を扱っている、埼玉県飯能市にある種苗店まで出かけ、そこで買ったサトイモの種芋と生姜の根、早生種の枝豆と青シソの種を持参したんだけど…

共同作業に参加してたら、意外と時間がなくて、結局サトイモと生姜だけ植えて帰ってきた

種まきは来月でも間に合うので、まっ、いっか
(´∇`)

来月は、また畑の様子が変わってるんだろうな…

季節の巡りと共に移り変わる風景と、地に根付く生命の営み…

月イチだけど、ここを訪れる楽しみは尽きない



マリウス
posted by マリウス at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

この世界の片隅に

TS3S4095.jpg




普通が、愛おしい…








昨日、遅ればせながら映画『この世界の片隅に』を観に行った

何度も泣いてしまった

心の奥に、静かに染み込んでゆくような映画だった


昨年の11月に公開されて、ロングラン上映しているのを、迂闊にも知らなかった

また、是非観に行こうと思う



マリウス
posted by マリウス at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

TS3S4087.jpg




期、熟し

望、満つる…






赤目自然農塾で2日間、共同作業に参加してきた

川口さんが30年ほど前に始めた塾の道具小屋や田畑に水を引く水路、小川を渡る橋など全て塾生の手造りで、土曜日は、そういった塾の施設を皆で造る共同作業の時間に当てられる

今月は、実習田畑への猪や鹿の侵入を防ぐための柵の補修と、塾の看板、案内板等を立てる作業を手伝った
夜は塾から2駅離れた山荘での食事と勉強会

先に山荘入りした人達の手で作られた食事が、実に美味しくて…

塾の畑で採れた食材を使った野菜たっぷりの味噌汁とご飯と菜の花のナムル、フキ味噌は、
食材の本来の味を生かした、実に優しく繊細な味付けで、味わいながら食すうちに、野菜やお米の命のエネルギーが身体に満ちてくるよう…
(*´▽`*)

食後の勉強会は、いつもならとっくに寝ている時間なので、何度も目蓋が閉じそうになり、悪戦苦闘!

…って、途中、完ペキ寝てたっす(笑)

山荘は3月でも霜が降りるくらい寒いので、寝る時は背中にカイロを貼り、布団の中で寝袋にくるまって寝た

朝は、霜で白くなった田畑が広がる山中に鴬がホケキョ…と鳴く声が響き、清々しい

日曜日は、朝食のあと、再び塾に戻り、農作業実習を見学

冬から春に変わる田畑の種まき、苗植え準備の為の畝作りを学んだ

ところで…
今回初めての塾見学は、川口由一さんの話を直に聞きたくて来たんだけど…

川口さんは、二年ほど前に、塾をお弟子さんに任せ、塾には来ないことを知り、
ガ〜ン…Σ(°□°;)

川口さんの話を聞きたければ、隔月の第1日曜日にある見学会と、年2回の乾坤塾というのに参加するとよいと言われ、即刻申し込む

そして、例え月イチしか来れなくても、学んだことを自分の畑で実際にやってみる方が、ただ見学するだけより、絶対面白いし、実になるという結論に達し、小さい畑を借りることにした

自分の畑が決まり、帰るまでの1時間半、シャベルと鎌を借りて、畝の周りの水はけを良くする為の溝作りと畝の草むしり、小川の石を拾ってきて、水が流れる溝が崩れないように補強してみた

基本的に身体を動かすのは好きなので、昨日の共同作業での力仕事も苦にはならないし、畑仕事も楽しかったけど…

帰る頃にはさすがに、腕やら脚やら背中やら…
あっちこっちが筋肉痛
(´∇`;)

明日も仕事休みにしといてよかったぁ…

実家に帰る新幹線の車窓から見える満月を眺めながら…

東京に戻ったら久々に銭湯行こっと…

ジャグジーと湯上がりのマッサージ機が今から待ち遠しい(笑)




マリウス
posted by マリウス at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

西へ

TS3S4067.jpg




心の羅針盤、

赴くままに…





仕事を午前中で早退し、サクラを実家に預けたあと、新幹線で西に向かっている

耕さず、農薬も科学肥料も一切使わず、自然と共生しながら農作物を育てる[自然農]を実践している川口由一氏の著書を最近読み、非常に共感を覚えた

無性にワクワクするのを抑えきれず、直接、この人の話を聞いてみたいと思い、毎月、第2土日に奈良の赤目自然農塾に塾生が集い、農作業を学びにくるのに参加しようと思い立ち、長靴、軍手、寝袋持参の旅

今、ちょうど新幹線の窓から富士山が見え、富士山に見送られながら…
いってきま〜す



マリウス
posted by マリウス at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする